当サイトについて

血圧の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血圧の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →
記事一覧

低血圧の食事療法

  ■食べるべきもの
1.陽性穀類を主にする(全体の60%以上)
2.副腎・牌臓・甲状腺の機能を高めるもの
3.心臓・動脈の伸縮力を高めるもの
4.造血機能を増進するもの 続きを読む

食後低血圧

「食後低血圧」とは?

Vol.94 知っておきたい「食後低血圧」 食事後に席を立とうとしたとき、めまいやふらつきを起こしたことはありませんか。もし、そんなことが何度かあったら、「食後低血圧」の可能性があります。
食後低血圧とはその名のとおり、食事後に急激に血圧が下がる症状のこと(※1)。食事性低血圧と呼ばれることもあります。 続きを読む

低血圧の食事

バランスのとれた献立

低血圧の症状には食欲不振、腹痛、便秘など消化器に関するものもあります。バランスのとれた献立でおいしく、楽しい食事をしましょう。 続きを読む

高血圧の食事

高血圧改善の食事の注意点

1. 量を守る

食事量の誤差で体格が変わります(太ったり、やせたりなど) 適正な体格は健康の証!
それを左右する食事量について確認して下さい。 続きを読む

高血圧の方の、ご家庭での食事療法のコツ

食事療法の目的

年齢を重ねていくと、血管の弾力性が低下し、どうしても血圧が高くなってしまう傾向があります。高血圧が持続すると、細い血管に負担がかかり腎臓病や網膜 症などになりやすくなります。また、特に動脈硬化などと合併すると、脳卒中、虚血性心疾患を発症する危険性が高まります。これらの重大な病気の発生または 悪化を予防するために、食事で血圧をコントロールするのが食事療法の目的です。 続きを読む

高血圧症の食事療法

続きを読む

高血圧の食事療法

非薬物療法の中でも、食事療法が最も大切といえるでしょう。運動療法とあわせてきちんと行えば、軽症の人なら降圧薬がまったく必要なくなることもあります。

続きを読む

低血圧の治療薬

基本的に、薬物治療はよほどの症状がない限り行うことはありません。薬物治療の目的は、交感神経を刺激し血圧を上げることで、精神安定、自律神経調整、血圧上昇の効果をもたらします。

低血圧の治療に使われる薬の種類

続きを読む

血圧を下げる代表的な薬

 

アンジオテンシン変換酵素阻害薬
体内でつくられているアンジオテンシンIIという血圧を上げる物質をつくらないようにします。その結果、血圧が下がります。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬
アンジオテンシンIIという血圧を上げる物質が受容体を刺激することを妨げます。 続きを読む

高血圧の薬(降圧薬)

高血圧の薬は作用機序の違いで下記のように大きく7種類に分類することができます。

  • カルシウム拮抗薬
  • β遮断薬
  • ARB/ACE阻害薬
  • 利尿薬
  • α遮断/α2作動薬
  • 上複数の配合剤

その全てが血管を広げて血圧を下げることには変わりがないですが、カルシウム拮抗薬であれば最終的に血管を広げるスイッチを阻害するし、α遮断薬とβ遮断 薬であれば血圧を上げるノルアドレナリンがくっつく受容体をそれぞれ遮断して、ARBとACEは腎臓で腎血流を維持するための生理物質が血圧を上げてしま うのでそれを遮断、利尿薬は血液中の水分を外にだすことで血管に掛かる負荷を軽減することで血圧を下げます。

続きを読む