当サイトについて

血圧の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血圧の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

高血圧症の食事療法

高血圧症の食事療法
 

静かに忍び寄る”高血圧”にご注意を!!あなたは大丈夫?
高血圧は特別な症状が出ないことが多く、サイレント・キラーと呼ばれるほどです。知らない間に血管や心臓に負担がかかり、やがて突然脳卒中や心臓病の発作 を起こす場合があります。血圧が高いと言われたら自覚症状がなくても治療を開始!!原因となる塩分のとりすぎ、肥満・運動不足・アルコールの飲みすぎ・ス トレスなどを解消してください。

 

 

POINT  塩分は1日6~8gに!!
日本人の1日の平均塩分摂取量は13gくらい。高血圧の人は、この半分にすることになります。塩分は全て『塩』からとっているわけではなく、半分は加工食品に含まれる塩分。残りが、味噌・醤油・ソースといった調味料からとっています。

 

加工食品を控えめに めん類も1日1杯以下 汁物は1日1杯以下に
調味料を控えるだけでなく加工食品を控えることが、塩分のとりすぎを防ぎます。 みそ汁・すまし汁・スープ類は、お碗1杯で約2gの塩分が含まれています。なるべく汁物は控え、飲む時も具たくさんにしたり量を七分目にするなど工夫しましょう。 うどんやそばなど和風の麺類でも1人前の塩分は4~5g。ラーメンはもっと多く1人前7~8g。つゆを飲まずに食べても半分は口に入るので注意を。
新鮮な食材で料理を!! 酸味や香辛料・香味野菜を利用しましょう その他  禁煙!!
料理には初めから食塩が含まれる加工食品ではなく、新鮮な材料を使いたいもの。素朴な材料を使いもの。素材が新鮮なら薄味でも美味しく食べられます。また、レモン・かぼすなどの柑橘類を味付けに使うと、減塩に効果的。 煮物より酢の物にするなど、酸味・香味野菜(生姜・葱・しそ)香辛料を上手に使うと、美味しく減塩できます。カレー粉や辛子も血圧に影響がないので味付けに利用しましょう。 たばこのニコチン・一酸化炭素は動脈硬化を進め血圧を上げます。

 

出典:筑波学園病院