当サイトについて

血圧の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血圧の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

高血圧はこの野菜で予防する

あなたは大丈夫?高血圧

現在高血圧予備軍は約1500万人いるといわれています。高血圧のガイドラインが改定され、ますます注意をしていかなければならない生活習慣病の一つとなりました。

高血圧が心配されるのが女性は40代から男性は50代から注意しなければなりません。血圧が上がる原因はさまざまありますが、やはり生活習慣の乱れから引き起こす事が問題視されています。

遺伝的に高血圧だったり、腎臓を患って高血圧だったりという人が多いのは確かですが、生活習慣の乱れから本来は健康である人が高血圧を招いてしまうという事に焦点が置かれています。改善の一つに食習慣の改善に注目が置かれています。

血圧を健康に保つには?

血圧を下げるとされる食材はさまざまあるが、ここで紹介したいのは血圧を下げるだけでなく、血管や血液も健康に保つ効果のある食材を紹介します。それが「サトイモ、たまねぎ、にんにく」の3つです。

この三つに共通する事は「カリウム」が豊富だという事です。カリウムは血圧を下げるのに直接的に効果がある栄養素です。身体にはナトリウムカリウムポンプというメカニズムがあります。ナトリウムとカリウムはミネラル成分だという事はご存知だと思います。

そのミネラル成分であるナトリウムとカリウムのバランスが血圧を一定に保っている機能の一つです。そのナトリウムとカリウムは常に同じ量に保たれている事でバランスを取っています。

身体の中でナトリウムが沢山になると血圧が上がり、カリウムが沢山になると血圧が下がります。血圧が高いということは心臓にも血管にも通常よりも力がかかります。心臓の疲労はますし、細い血管では破裂が予測されます。そうなると、心筋梗塞や脳卒中の心配が増します。

日本人はナトリウムが含まれた塩分の摂取は多いですがカリウムの摂取は少ないそうです。効率よくカリウムを身体に良く取り込むには食物から摂取する事をお薦めします。

豊富なカリウムで高血圧予防

そこでカリウムが豊富な「サトイモ、たまねぎ、にんにく」をとる事で高血圧予防をしましょう。この三つの食材はそれぞれカリウムが豊富なだけではなくそのほかの成分も注目されています。

サトイモはねばねば成分です。ねばねば成分は血液や血管をきれいにしてくれます。たまねぎは老化の原因活性酸素を抑えてくれます。

そして、にんにくは「滋養強壮」で知られているようにさまざまな作用をします。どれも、スーパーで気軽に手に入る食材ばかりです。ぜひ「サトイモ、たまねぎ、にんにく」の3つのパワーで高血圧を予防しましょう。

 

出典:健康生活