当サイトについて

血圧の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血圧の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

ブナシメジを食べて高血圧を改善

健康診断で診断される項目の一つに血圧があり、日常生活でも血圧という言葉をよく耳にします。その血圧が高い状態、高血圧は様々な病気の原因になる ことが知られています。つまり、高血圧を防ぐことができれば、心筋梗塞や脳梗塞などの病気になるリスクは減ります。そこで、今回は高血圧とはどんな病気 か、どのように予防すればいいかを紹介します。

 

高血圧とは

全身に酸素や栄養を届ける血液は、心臓によって全身に送り出されます。この時、血液によって血管にかかる圧力が「血圧」です。高血圧とはこの血圧が 高い状態を呼びます。病院では、最高血圧と最低血圧がそれぞれ140mmHgと90mmHg以上の状態を高血圧と呼んでいます。高血圧になる理由は様々あ りますが、血液の量が多くなったり、血管が細くなったりすることで、血管にかかる圧力が大きくなります。

 

高血圧によって起こる病気の数々

前章で、高血圧は様々な病気を引き起こすと述べました。そこで、本章では高血圧と高血圧によって引き起こされる病気の一つ、心筋梗塞を紹介します。 高血圧になる1つの理由は血管が狭くなることです。水風船で喩えると、水風船のちょうど真ん中あたりを結んで水を入れることを想像してください。途中まで 水は入りますが、先の方は全く水が入らないか、入っても少ししか水は入らないことがわかります。この状態が心臓の血管(冠動脈)で起こると、心臓の一部に 血液が行かなくなります。血液は様々な栄養分を運搬する役割がありますから、血液が行かない部分はそれら栄養分も行かなくなることを意味しています。そう して起こる病気が心筋梗塞です。心筋梗塞は心筋細胞が死に、心臓の機能が低下し、最悪の場合死に至る病気です。他にも高血圧は、心肥大や脳梗塞、腎硬化症 などの死に至る、あるいは生活に支障をきたす病を引き起こします。

 

高血圧を予防すれば多くの病気に勝てる!?

高血圧は様々な病気を引き起こしますので、病気の原因になる高血圧を防ぐことは非常に重要なことです。高血圧は生活習慣に影響されますので、まず行 うべきことは生活習慣の改善です。適度な運動や塩分控えめの食事、十分な睡眠は高血圧の防止に良いとされています。また、高血圧は環境の変化によっても引 き起こされます。ストレスや、気温の変化などによっても高血圧になる可能性がありますので、そのような環境の変化に十分気をつけましょう。9月24日の中 日新聞に「ブナシメジを食べれば高血圧が改善される」という記事が掲載されていました。高血圧の原因となるのはACEという酵素の活動であり、ブナシメジ はACEを邪魔するため高血圧を改善することができます。ブナシメジはどこのスーパーでも見かける食材なので、非常に実践しやすい予防法です。また、ブナ シメジはそのまま味噌汁や鍋に入れて食べられます。無理をしない程度に生活習慣を変えたり、生活習慣を取り入れたりすることが高血圧予防になるでしょう。

 

出典:Mediwill