当サイトについて

血圧の病気の症状、治療、予防法や改善方法まで、
血圧の病気の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →
記事一覧

高血圧を予防するには

高血圧にならないために

高血圧を予防するには、日常の食生活や適度な運動など、日ごろの生活習慣が重要です。また、高血圧と肥満は密接な関係があります。肥満により血液中の脂肪・コレステロールが増え、血管が硬くなります(動脈硬化)。 そして血管の内壁が狭くなり、血圧が高くなってしまうのです。 肥満にならないよう気をつけましょう。

続きを読む

低血圧の治療について

 

基本的に低血圧というのは、病気として認められていません。

血圧が低いこと自体問題はありませんが、血圧がいきなり低下してしまう「起立性低血圧」だと注意が必要です。
血圧は常に変動しているもので、姿勢によっても変わります。起立性低血圧とは急に立ち上がった時や何かの拍子に血圧が大きく下がってしまうもので、急激な 血圧の低下により脳への血流が減ってしまい、ふらついたり意識障害を起こすことがあります。
続きを読む

高血圧にならないための予防

高血圧を予防するには、日常の食生活や適度な運動など、日ごろの生活習慣が重要です。また、高血圧と肥満は密接な関係があります。肥満により血液中の脂肪・コレステロールが増え、血管が硬くなります(動脈硬化)。 そして血管の内壁が狭くなり、血圧が高くなってしまうのです。 肥満にならないよう気をつけましょう。

続きを読む

高血圧の薬物療法と漢方治療

高血圧の薬物療法はどのように?

養生で改善できない場合は、次いで薬物療法です。現代医学における降圧剤には、安価でありながら脳卒中・心筋梗塞予防効果の示された利尿剤、降圧効果の高いカルシウム拮抗薬、降圧効果とともに心・腎など臓器保護作用を有するアンギオテンシンII受容体拮抗薬アンギオテンシン変換酵素阻害剤、心臓への負担を軽減させることから狭心症や心筋梗塞後に積極的に用いられるβ遮断薬な ど、多くのタイプのものがあります。それぞれの特徴(副作用を含む)を把握し、個々の患者さんの背景(年齢や他の疾患・動脈硬化の危険因子リスク)に応じ た薬剤の選択が必要です。現在の降圧剤の多くは長時間作用を持つものが多く、一日に一回の服用で安定した効果が得られ、続けやすいという特徴があります。 1つの薬で降圧効果が不十分であれば、タイプの異なる2-3の降圧剤を併用することが必要となることもあります。
続きを読む

高血圧症の食事療法

高血圧症の食事療法
 

静かに忍び寄る”高血圧”にご注意を!!あなたは大丈夫?
高血圧は特別な症状が出ないことが多く、サイレント・キラーと呼ばれるほどです。知らない間に血管や心臓に負担がかかり、やがて突然脳卒中や心臓病の発作 を起こす場合があります。血圧が高いと言われたら自覚症状がなくても治療を開始!!原因となる塩分のとりすぎ、肥満・運動不足・アルコールの飲みすぎ・ス トレスなどを解消してください。
続きを読む

低血圧の対策とは

 

正常な血圧を保つには、常に日常生活の自己管理が大切です。症状がつらいと、不安になりがちですが、上手く気分転換を心がけて、あせらず改善していきたいものです。
続きを読む

体操で高血圧を予防する

簡単な有酸素運動で体を温める

高血圧の予防には有酸素運動が効果的であることが分かっています。
より多くの酸素を体全体に送ることで血流が良くなり、血管が広がります。
始めは簡単な有酸素運動で体を温めます。
続きを読む

γ-GTPや血圧を下げてから健康診断へ

 

1日前、1週間前、1カ月前から対策をすることで、健康診断の結果は改善する可能性が高くなります。特に肝機能や中性脂肪は変化しやすいです。

しかし、それでは普段の状態を診断できないために「意味がない」と考える人もいますが、1週間でも体にいいことをすれば、それは体質改善です。短期間でも構いませんので、まずは実践的に取り組みましょう。

肝臓(GOT、GPT、γ-GTP)の数値を下げる

肝機能を数値化しているGOT、GPT、γ-GTPなどは、肝臓に多く含まれる酵素の1つです。これらはアルコールの摂取量に敏感に反応しますので、改善をするためには単純にアルコールを摂取しないことがベストです。
続きを読む

血圧を下げる食事療法

 

食事療法
食事療法は、一般療法の基本ともいえる重要なものです。軽症の高血圧なら、食事内容の改善だけで治ることもあります。


食事の改善とは、具体的には塩分やカロリーを控え、カリウムやカルシウムなどを十分にとることです。とくに日本人は昔から塩分の多い食事を好み、脳卒中の 原因となってきました。現在でも1日平均の食塩摂取量は約13gになります。欧米人の平均値10gと比較しても多いほうです。

続きを読む

立ちくらみを起こす原因を改善

 

何かをしようと動きだした途端、ふらっと一瞬なってしまった経験はありますか?

これが世に言う立ちくらみです。いつ起こるかもわからないため、もし大事な荷物を持っていたり近くに車が走っていたりすると危険です。

立ちくらみになる人は何度も頻繁に起こすことが多く、放置しているといつ危険な目に合うかわかりません。どういう原因で起こるかを理解して、立ちくらみが起こらないように改善するようにしましょう。 続きを読む